ロゴ
HOME>Column>糖尿病の食事の基礎知識【カロリーコントロールが鍵となる】

糖尿病の食事の基礎知識【カロリーコントロールが鍵となる】

医者と患者

糖尿病の人の食事療法

人間の体は、食事を摂ると血糖値が上がる仕組みになっています。正常な体であればインスリンによって血糖値が安定するのですが、糖尿病患者の場合にはそれがうまく機能しません。そのため血糖値が上がったままの状態になり、さらに体を傷つけてしまいます。これを防ぐためにも、糖尿病の食事のおいては適切なカロリーコントロールが求められます。必要以上にカロリーを摂り過ぎることがないよう、日々の食事の中で管理するようにしましょう。食事療法で意識すべき点としては、一日に摂取できる総カロリーを知り、その数値内に抑えることです。体格によっても異なりますが、1600キロカロリー前後が平均的な数値です。摂取カロリーが偏るのも悪いため、バランの良い食事になるよう心がけるようにしましょう。

健康食

食生活の改善方法

もし健康診断などで糖尿病の疑いがあると言われたときには、適切な運動に加えて食生活を改善すると健康な体を取り戻すことができます。糖尿病の食事といっても特別なものは必要ありません。一日の摂取カロリーを抑え、栄養バランスを考えるだけで十分です。最初に決める必要があるのが、摂取しても良い主食の量です。例えば1日あたり1600キロカロリーが適切と算出された人であれば、その半分である800キロカロリー前後をご飯やパンといった主食でまかなうようにします。残りの半分については、タンパク質が豊富な肉や魚料理と、ビタミン類が豊富な野菜類とに分けるとバランスが良くなります。特に野菜類はどうしても不足しがちなので、意識して多めに食べるようにすると良いでしょう。